未分類 0 Comments

半身浴それでは、基礎代謝ダイエットのために利用できる、自分で基礎代謝を上げる方法について紹介します。まず第一のポイントとなるのが「体温」です。「脂肪燃焼」というように、脂肪は体温が高い状態の方が燃焼されやすいようになっています。そのため、体温を上げることができれば、基礎代謝を上げることができるということです。

日々の入浴をシャワーだけで済ませているという人は、1日15分程度の半身浴を取り入れてみると良いでしょう。半身浴はじっくりと内側から体温を上げることができるため、基礎代謝を高める事が可能です。もう1つ重要なポイントとなるのが「筋肉を増やす」ということです。筋肉は脂肪に比べて基礎代謝量が多いため、筋肉を増やすことができればその分基礎代謝が上がり、ダイエットの効果が高まります。

一般的にダイエットのための運動というと「有酸素運動」というあまり筋肉を鍛えないような運動を中心にすることが多いものの、筋肉を増やすような運動も一緒に取り入れるようにすることで、その後のダイエット効果を高めることが期待できます。筋肉は脂肪に比べて同じ面積での重量が重いため、最初体重は減りにくくなりますが、その後の効果が変わってきます。

参考情報◇リフィート

未分類 0 Comments

リバウンドの問題を有する食事制限ダイエットと、三日坊主の問題を有する運動ダイエットの両方のサポートをすることができる方法として「基礎代謝ダイエット」というものについて紹介します。基礎代謝というのは、人間が生きていくために必要なエネルギー量のことを指しています。例えば臓器の活動に必要なエネルギーや、頭を使うのに必要なエネルギーなどがこの基礎代謝です。

体重計この基礎代謝の分は、特段運動をしていないとしても消費されるようになっています。そのため、この基礎代謝量を増やすことができれば、何もしていない状態でダイエットができているのと同じことになります。

では、そもそも一般的な基礎代謝量というのはどの程度なのでしょうか。基本的に基礎代謝というのは「年齢」と「体重」によって決まっています。例えば50代男性の場合は、体重1キロあたりの基礎代謝が21.5キロカロリーほどです。つまり、70キロの人であれば、1505キロカロリーが基礎代謝となります。ただ、これはあくまでも平均的な値であって、全員がこの通りの数値になるわけではありません。実は基礎代謝は自分で上げることができます。では、どうすると基礎代謝が上がるのでしょうか。

未分類 0 Comments

スプーンとフォークダイエットをするという場合、大きくその方法は2つに分かれています。1つは、食べる量を減らしたり、物を変えるということです。太ってしまう原因はようするにエネルギーの過剰摂取にあるため、この摂取量を減らすことによって痩せる、というのがこのタイプのダイエット方法となります。そしてもう1つは、運動をしてエネルギーを消費する、という方法です

摂取したエネルギーを運動によって消費し尽くしているのであれば、体内に残る余剰なエネルギー=脂肪がなくなるため、痩せることができる、というのがこの方法です。この片方、あるいは両方を取り入れてダイエットをする、というのが一般的な方法でしょう。しかし、これらのダイエットにはそれぞれ違った問題が存在しています。

まず、食事を変えるタイプのダイエットにおける問題は、「食事量を戻した時に体重も戻る」ということです。ダイエットの期間中だけ食べる量を減らしたり、食べるものを変えていたりしても、それが元に戻ると当然元通りの体へと戻っていきます。それどころか、人体が「久しぶりの余剰エネルギー」ということで、それをいざという時のために蓄えようとするため、かえって太りやすくなってしまう「リバウンド」が発生することが多くあります。そして運動をするタイプのダイエットにおける問題は、「激しい運動は辛くて続かない」というものです。それでは、この2つの問題をより良く解決できるようなダイエットはないのでしょうか。