食事・運動ダイエット

ダイエットをするという場合、大きくその方法は2つに分かれています。1つは、食べる量を減らしたり、物を変えるということです。太ってしまう原因はようするにエネルギーの過剰摂取にあるため、この摂取量を減らすことによって痩せる、というのがこのタイプのダイエット方法となります。そしてもう1つは、運動をしてエネルギーを消費する、という方法です。

摂取したエネルギーを運動によって消費し尽くしているのであれば、体内に残る余剰なエネルギー=脂肪がなくなるため、痩せることができる、というのがこの方法です。この片方、あるいは両方を取り入れてダイエットをする、というのが一般的な方法でしょう。しかし、これらのダイエットにはそれぞれ違った問題が存在しています。

まず、食事を変えるタイプのダイエットにおける問題は、「食事量を戻した時に体重も戻る」ということです。ダイエットの期間中だけ食べる量を減らしたり、食べるものを変えていたりしても、それが元に戻ると当然元通りの体へと戻っていきます。それどころか、人体が「久しぶりの余剰エネルギー」ということで、それをいざという時のために蓄えようとするため、かえって太りやすくなってしまう「リバウンド」が発生することが多くあります。そして運動をするタイプのダイエットにおける問題は、「激しい運動は辛くて続かない」というものです。それでは、この2つの問題をより良く解決できるようなダイエットはないのでしょうか。